全国から東京に集結したファイナリストたち©ビューティーページェントメディア

2019ミス・アース・ジャパン ファイナリスト発表会が中央区に本社を構える三光ソフランホールディングス株式会社にて開催されました。軽やかな音楽に合わせ、色とりどりのドレスに身をまとった33名のファイナリストが自己紹介と大会に向けた意気込みを発表しました。

印象的なスピーチとポージングを披露した3名 左から 高橋るりさん、土屋來夢さん、冨田麻友さん ©ビューティーページェントメディア

約3,000名の応募の中から選ばれた各都道府県代表者の中にはミス・アースの大会スローガンである「Beauty for a cause」を意識した地球環境問題に関連したトピックをスピーチで発表するコンテスタントも多く、国連が定めた国際目標「SDGs」を絡めたスピーチや環境保全について発信力を活かしたいと表明する代表者も。職業は学生、モデル、保育士、看護師、ユーチューバ―、学生の中には高校生の姿も。

自己紹介と意気込みを表明した3名 左から 佐藤愛さん、鈴木華奈さん、多田麻里絵さん ©ビューティーページェントメディア

「はいさ~い」と沖縄の方言で元気に挨拶をした沖縄代表 國吉澪花(くによし・みおか)さん、「未来の子供たちにこの時代に生まれてよかったと、先人の方々にいい時代になったと思って頂ける日本・世界にします!」とミス・アースとしての抱負を述べた愛媛県代表 冨士菜々香(ふじ・ななか)さん、「将来の夢は魅力あふれる住職」とアピールした東大卒現役大学生の高橋るり(たかはし・るり)さん、「将来はDMAT(災害派遣医療チーム)への加入を目標としている」石川代表の看護師の竹内郁恵(たけうち・いくえ)さんなど個性溢れるファイナリストのみなさん。

流暢な英語も披露した元AKB48 の冨田麻友さん ©ビューティーページェントメディア

ファイナリストのみなさん

北海道代表 小柳真紀(こやなぎ・まき)さん、青森代表 角田愛琳奈(かくた・えりな)さん*欠席、宮城代表 石黒陽子(いしぐろ・ようこ)さん、山形代表 本橋舞衣(もとはし・まい)さん、福島代表 植木麗(うえき・れい)さん、茨城代表 冨田有紀(とみた・ゆき)さん、栃木代表 中村友理子(なかむら・ゆりこ)さん、群馬代表 吉田穂菜実(よしだ・ほなみ)さん、埼玉代表 吉田優奈(よしだ・ゆうな)さん、千葉代表 稗田英奈(ひえだ・えな)さん、東京代表 多田麻里絵(ただ・まりえ)さん、神奈川代表 鈴木華奈(すずき・かな)さん、新潟代表 佐藤愛(さとう・あい)さん、富山代表 三上真依(みかみ・まい)さん、石川代表 竹内郁恵(たけうち・いくえ)さん、福井代表 杉星花(すぎ・せいか)さん、長野代表 武田美香(たけだ・みか)さん、岐阜代表 疋田里奈(ひきた・りな)さん、静岡代表 吉元さくら(よしもと・さくら)さん、愛知代表 青山あおい(あおやま・あおい)さん、滋賀代表 守谷藍里(もりや・あいり)さん、京都代表 高橋るり(たかはし・るり)さん、大阪代表 小竹よしの(こたけ・よしの)さん、兵庫代表 近藤ひなた(こんどう・ひなた)さん、奈良代表 高橋真裕美(たかはし・まゆみ)さん、岡山代表 田邊加琳(たなべ・かりん)さん、広島代表 金子美羽(かねこ・みわ)さん、香川代表 冨田麻友(とみた・まゆ)さん、愛媛代表 冨士菜々香(ふじ・ななか)さん、福岡代表 一ノ宮ひまり(いちのみや・ひまり)さん、長崎代表 山口梨花(やまぐち・りか)さん、大分代表 伊徳有加(いとく・ゆうか)さん、宮崎代表 土屋來夢(つちや・らいむ)さん、沖縄代表 國吉澪花(くによし・みおか)さん 以上34名

ミス・アースとは:

ミス・アースは2001年より毎年開催されている近年では参加国90か国にせまる地球規模の美のコンペティションです。大会を主催しているのはカルーセルプロダクションとTV局のABS-CBN。大会名称も示すように地球環境問題への積極的な取り組みが特色に挙げられます。

34名の各都道府県代表がミス・アース・ジャパンのタイトルを目指して競います。日本代表選考会は、2019年7月22日 ホテル椿山荘東京(文京区)グランドホール椿にて開催されます。

ミス・アース・ジャパン公式ホームページはコチラ

田中美緒さんインタビュー 前半はコチラ

田中美緒さんインタビュー 後半はコチラ