2019年BPMが応援サポートする2名がミスコンに挑戦します!

<BPM挑戦者インタビュー>
邊玲佳(べんれいか)さん☆

2019年初代BPMモデルに選ばれた邊玲佳さんは台湾人のお父様と、日本人のお母様の長女として日本で生まれます!172センチの高身長アジアンビューティーは世界中どこへ行っても目を引く存在!

日本語(ネイティブ)・北京語(準ネイティブ)・英語(上級)のトリリンガルの才能を活かし国際線の客室乗務員として世界100都市以上のフライトに乗務する日々を送っています。業務だけでなく、OFFの日にも旅行をして世界中を旅し世界中の友人とリユニオンを楽しむ日々!

こんなコスモポリタンな邊玲佳さんをBPMは、初代BPMモデルに選ばせて頂きました!これから、どのミスコンに挑戦し、そこからどのステージでご活躍されるのか、ミスコン後の生活なども密着してレポートしたいと思います!

今回は、アブダビフライトで日本に到着したばかりの邊玲佳さんを銀座で直撃!BPM編集長西田がインタビューしてきました。

2019年BPM推薦でミスコンに挑戦する邊玲佳さん ご本人提供
© BPM

同僚は世界110か国から集まったクルー! 邊玲佳さんの魅力に迫ります!

スカイトラックス社認定5スターエアライン 
エティハド航空の キャビンクルーとしてご活躍中の邊玲佳さん ご本人提供
© BPM

― お仕事についてお聞かせいただけますか?

邊: はい。アラブ首長国連邦を拠点に国際線の客室乗務員として勤務しています。同僚は、世界110か国からアブダビにやってきた6,500名以上の国際色豊かなクルーです。3年半の間に、仕事はもちろんのこと、旅行が大好きなので休日も利用して52ヶ国150都市以上を訪れることができました。

世界遺産ペルーのマチュピチュを旅した時の1枚 邊玲佳さん ご本人提供
© BPM

― 今まで訪れた中で印象的な国はどこですか?

邊: そうですね。沢山思い浮かびます!どの国も印象的な場面が思い浮かぶのですが、とくにキューバ、メキシコ、ボリビア、ペルー、ブラジル、ウガンダ、そして中国です。

― 南米がお好きなのですね!

邊:そうなんです。旅行先でヨーロッパの美しい建造物や街並みを見ることよりも、私は手つかずの自然を見ることが好きです。自然の面だけでなく南米諸国では旧市街と新市街を見比べることが出来ました。モダンな雰囲気と歴史的な街並みの全く異なる空間に感動しました。

― 特にどこの国が印象的でしたか?

邊:特にキューバは、インターネットの普及が始まったばかりで、国民が屋外で音楽を楽しむ姿が印象的でした。ボリビアではウユニ塩湖はもちろん、首都ラパスの地形に感動しました。中国は東西南北で人も街並みも料理の味付けも違い、とても奥が深いと思います!写真は、ペルーの世界遺産マチュピチュで撮影したものです。

― このお仕事に就く前に、海外経験などはありますか?

邊:父が台湾出身ということもあり親戚に会いに、台湾には30回以上訪れたことがあります。

― 30回ということはもう台湾のエキスパートですね!他には?

邊:日本の高校を卒業後に奨学金で4年間北京に留学をしました。フィリピンへの語学留学を4か月経験した後、アメリカのテキサス州へ改めて留学し英語に磨きをかけました。

世界を飛び回った邊玲佳さんのミスコンへの想い!

― 今回初代BPMモデルとしてミスコンに挑戦されることになりましたが

意気込みをお聞かせください。

邊:学生時代から目標であった海外ベースの客室乗務員として働いており、3年経った今も、自分の目で世界を見ることができるこの仕事が本当に大好きです。しかし、今回BPMからお話を頂き、新しいことに挑戦してみたいという思いが強く湧き出てきました!

― 新たな目標を見つけたのですね!

そうなんです。その中で特に私の目指す目標に近い共感できるスローガンを掲げたコンテストに出会いました。その大会の各国の代表のミス達が切磋琢磨しながら世界大会に向け挑戦する映像を拝見し感銘を受けこの大会に応募することに。

― 今チャレンジしようと思ったきっかけはありますか?

挑戦できるのは年齢的にも今回が最後と知り来年また挑戦してみようかと思っても、自分には資格がなくなってしまうため挑戦できなくなってしまうことを知り、今回思い切ってやってみようと決断しました!ミスコンに挑戦し大会に勝ち進み、ありきたりですが少しでも社会貢献できるような影響力のある人間になりたいと思いました。

業界でも話題のファッショナブルな制服に身をまとう
エティハド航空のキャビンクルー 邊玲佳さん ご本人提供
© BPM

邊玲佳さんが社会貢献に思いを込めるわけ!

ボランティアで子供の笑顔に癒される 邊玲佳さん ご本人提供
© BPM

―ボランティア活動を学生時代から色々とやられていた様ですが、どのような活動をされていたのですか?

邊:幼少期から10年ほど、ガールスカウト東京17団に所属し、募金活動、身障者運動会の運営やアフガニスタンの子供たちに向けてピースバッグの配布を毎年行っておりました。物心ついた頃から気が付けば常にボランティア活動に参加していました。

―ガールスカウトで既にボランティアを沢山経験していたのですね。

邊:フィリピンに語学留学をした際にも貧困地区の子供たちにお菓子を持って行くなど、自発的に地域を訪れました。現地の子供たちと楽しい時間を共にすることで私自身が幸せになりました。

また、現職でも子供に縁があり、アフリカのウガンダではボランティア活動とまでは思っていないのですが、古着の寄付や現地の子供達とフリスビーで遊んだりしています。ウガンダでも子供達の笑顔に感動させられました。世界中の子供達を笑顔にしたいと心から思います。

アジアンビューティーを貫く、邊玲佳さんの美の秘訣は?

華やかなイメージとは裏腹に乾燥する機内での業務、時差との戦いと体力勝負の職業だと思いますが、日頃から続けている美容法はありますか?

邊:おっしゃる通りで、体力勝負の仕事なのでジムでのトレーニングはマストです!また、美肌を保つためにコラーゲンドリンクやビタミンCのタブレットを定期的に摂取しています。乾燥する機内では、暇さえあればローズウォーターを顔全体にスプレーしています!運動と保湿には、日頃から気を付けています。

―おすすめの美に効く、食材はありますか?

邊:いくつかありますが、発汗作用のある火鍋や高純度のオイルをはじめ、

最近では食べる活性炭など話題の食材も気になっています!スーパーフードの中では、キヌアやチアシードなども積極的に食生活に取り入れています!また、ケールなど素材から栄養をたっぷり頂く方法と時短の為に栄養ドリンクやサプリの力も借りています!

― スーパーフードを上手に取り入れていらっしゃるのですね!

おすすめの美容法はありますか?

邊:体質にもよると思いますが、私にとって質の良いオイルはマストアイテムです!食事から体内に取り込むのはもちろんの事、全身にオイルで保湿することが最高のお手入れです!例えば、純正ごま油で食べる四川火鍋、ココナッツオイル入りのコーヒー、インドのアーユルベーダ専門店で購入したア頭皮マッサージオイル、モロッコで購入したアルガンオイルを全身に使用しています!良質なオイルに助けられています。体調や体質にもよりますが

よかったら、みなさんもオイル美容をお試しください!

~ミスコンに挑戦する邊玲佳さんの応援を
皆さもよろしくお願い致します~

邊玲佳(べんれいか)プロフィール

毎日をおもいっきりエンジョイする 邊玲佳さん ご本人提供
© BPM
生年月日:1991年4月8日
出身:日本
身長:172cm
海外経験:台湾、中国、フィリピン、アメリカ、アラブ首長国連邦
言語:日本語(ネイティブ)、北京語(準ネイティブ)、英語(上級)
最終学歴:北京語言大学 経済貿易学部 卒業
現職:エティハド航空客室乗務員
SNS:Instagram bianlingjia