ダイエットに最適☆最強の完全栄養美容食!

持ち歩いて小腹が減ったらパクリ!
モデル:古谷香菜美さん 撮影:BPM西田
© BPM

中東のお土産としても人気な「デーツ」(なつめやしの実)は、亜鉛・ビタミン・葉酸など女性にとって欠かせない栄養素の宝庫!繊維質も豊富に含まれ、お通じ対策にも効果的。イスラム教徒が断食明けに最初に口にするのが「デーツ」といわれるほどに、エネルギーの吸収率も高く1粒で満腹感も感じることができる完全栄養美容食と言えるでしょう!

クレオパトラも食べていた!

日本でも近年、モデルや美容家などの影響でデーツも一般的にも知られるようになってきましたが、実はあの美の象徴!クレオパトラも食べていたという程にデーツの歴史は古いのです!ちょっぴりグロテスク(?)な見た目からは想像できないような、干し柿のような歯ごたえと濃厚な天然の甘味は一度食べたら忘れられないでしょう。

どこで買えるの?

お土産に最適なバティールの高級デーツ 
写真のデーツは箱入りで約5000円
© Bateel

日本では、健康食品を取り扱うネットショップや輸入食材を取り扱う店舗などで入手できます!輸入上、品質保持のためか日本で販売されているデーツはどちらかというとドライなタイプが一般的なようです。 パサパサして美味しくないと感じるデーツは、細かく刻んでヨーグルトに入れたり、お料理やお茶に浮かべ柔らかくするのも、おいしい食べ方です。ご自分やお友達が中東に遊びに行った際には現地のしっとりとろけるようなクリーミーなデーツも是非おためしいただきたいです。お値段はピンきりで200グラム100円位で買えるものから1粒500円以上もするアラブの王室ご用達の高級デーツまで、デーツの世界も奥が深いです。

おすすめのデ-ツの食べ方!

①加工されたデーツをそのままパクリ! そのままでも本当においしい!ダイエット中にも満足

②お手軽にブラックティーに!甘味の強いデーツはお茶の葉なしでも美味しく頂けます!
3分位蒸らしてから頂くと風味が出て美味しいですよ。

ケーキなどを焼いた後に残ったデーツの種で、
デーツティータイム! 撮影:BPM西田
© BPM

②デーツスムージー

普段のスムージーに、種を取り除き刻んだデーツを入れて!デーツ入りのミルクシェークもドバイのデーツ専門店で人気メニューのひとつです。

③お酒のお供にチーズやドライフルーツを挟んで!

デーツの種を外して、クリームチーズやブルーチーズ、ナッツやドライフルーツを挟むと、あっという間にお洒落なパーティーカナッペになります。是非、お試しを!

シンガポールのソウルフード「バクテー」(新加坡肉骨茶)

エスニック料理が好きな人なら、一度は食べたことがあるのでは?「肉」と「骨」の「お茶」と、聞こえはインパクトありますが、日本人なら好きな人が多いのではないかという豚肉の料理です。クコの実やシナモンに加えデーツは欠かせない隠し味として本格的な料理店では使われています!

⑤デーツのケーキ

良いものしか入っていないデーツケーキ! 撮影:BPM西田
© BPM

デーツは、クルミなどのナッツ類やチョコレートとの相性なども良くドライケーキにピッタリの食材と言えるでしょう!健康的でまだまだ珍しい焼き上がりもお洒落なデーツケーキはプレゼントにもピッタリです!

見た目もかわいい?デーツケーキ! 撮影:BPM西田
© BPM
ミルクに浸すと、硬いデーツも柔らかくなりますよ! 撮影:BPM西田
© BPM

デーツ・クルミ・ドライフルーツのヘルシー満腹ケーキの作り方!

デーツケーキの材料! 撮影:BPM西田
© BPM

材料:

  1. デーツ 300g・・・種を取って、細かく刻んで1時間程ミルクに浸す
  2. くるみ 100g・・・刻んでおく
  3. 飾り用のドライフルーツ 適量・・・クランベリーやマンゴーがおすすめ
  4. 小麦粉 200g・・・ふるいにかけておく
  5. ベーキングパウダー 小さじ1
  6. てんさい糖やキビ砂糖など 50g
  7. 室温にもどしたバター 100g
  8. 室温に戻した卵 2つ

* 室温に戻したバターとお砂糖と卵を泡だて器で混ぜ合わせた後、
小麦粉とベーキングパウダーを入れ混ぜる。
しっかり混ぜ合わさった生地にデーツとクルミを加え、優しく混ぜ合わせる。
お好きなケーキの型に入れて飾りのクルミとドライフルーツをのせて
180度のオーブン(180度に予熱で温めた状態から)で、15分程焼く。
竹串などで、焼けているかチェックをし、焼けていない場合には
5分づつ追加加熱で様子を見てください。

* 柔らかめのケーキがお好みの方には、バナナやヨーグルトを少し加えるとしっとりしたケーキになりますよ!

最後に……実は日本人は知らぬ間にデーツを食べているんです!

なんと、あのお好み焼きのお供「おたふくソース」のなかには、デーツが隠し味として入っています。デーツが入手しづらい人は、まずはおたふくソースたっぷりのお好み焼きでデーツをあらためて堪能してみてはいかがでしょう!?

出典:オタフクソース株式会社 ウェブサイト 「オタフクとデーツの出逢い」より

https://www.otafuku.co.jp/product/sp/okonomisauce/date/
「オタフクソースとデーツの出逢いは1975年。
コク深い甘みをもつ果実として使い始めましたが、
デーツの持つ高い栄養価にも着目し、以来40年以上にわたり、
お好みソースの原料として使い続けています。

今ではソースのみならず酢の原料としても使用しています。
現在では、産地・品種を厳選し、一部は手間ひまかけて
自社加工しています。オタフクは、今後もデーツにこだわった
商品づくりを続けてまいります。」