2021年10月1日(金)から2022年3月31日(木)までアラブ首長国連邦ドバイ首長国にて開催される、2020年ドバイ国際博覧会(ドバイ万博、DUBAI EXPO 2020)の開幕まで1か月となった2021年9月1日(水)。経済産業省およびJETROなどが共同で「日本館」の詳細と「大阪・関西万博」につなげる「日本館としての役割」を発表した。

世界中のアイディアを、大阪・関西万博につなぐ

日本館は「心をつなぎ、未来を創る」をメインテーマに、「Whereideas meetアイディアの出会い」をテーマを掲げる。訪れた人が新しいアイディアと出会い、それをきっかけに、素晴らしい未来を作り出すこと。さらに次期登録博覧会である2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に向け、来館者ひとりひとりのメッセージがつながることを期待。

写真:2020年ドバイ国際博覧会日本館

日本と中東のつながりが細部に埋め込まれた日本館

永山祐子建築設計主宰 永山祐子氏が手掛けた日本館は、訪れる人に日本と中東のつながりを感じてもらえるようなデザインとなっている。アラベスクと日本の折り紙を組み合わせたもので、日本と中東それぞれの伝統的な建築コンセプトが随所に取り入れられている。

永山祐子建築設計主宰 永山祐子氏が手掛けた日本館。1 写真:2020年ドバイ国際博覧会日本館

アテンダント2名による公式ユニフォーム披露

公式ユニフォームは、ANREALAGE(アンリアレイジ)主宰の森永邦彦氏がデザイン。誰もが着用できるデザインに環境に配慮した素材を使用。再帰反射プリントに光が当たると違った姿を見せてくれる。モデルとして日本館で実際に働くアテンダントが登場した。

2020年ドバイ国際博覧会日本館 アテンダントユニフォーム 写真:2020年ドバイ国際博覧会日本館

デジタル技術を駆使した「バーチャル日本館」

日本館では、新型コロナウィルス禍で自由な往来が制限される中、世界中から日本館を楽しめることのできるデジタル技術を駆使した「バーチャル日本館」を同時開設する。日本を含め遠隔でアバター(分身ロボット)を操作することで日本館を自由に移動し展示を見学することができる「avatarin(アバターイン)」によるイベントも会期中に計画さえている。現地のアテンダントと会話ができることも魅力のひとつとなるであろう。

avatarin(アバターイン)を体験したPRアンバサダーの嘉門達夫さん 写真:2020年ドバイ国際博覧会日本館

2020年ドバイ国際博覧会は中東およびアフリカ地域では登録博として初めての開催となり192か国以上が参加表明をし過去最大の国際博覧会となると言われている。

名称 : 2020 年ドバイ国際博覧会
会期 : 2021 年 10 月 1 日〜2022 年 3 月 31 日(182 日間)
開催地: UAE (アラブ首長国連邦)ドバイ
テーマ:「Connecting Minds, Creating the Future(心をつなぎ、未来を創る)」
サブテーマ:(1) Mobility (2) Opportunity (3) Sustainability
会場面積 :438ha
出展者数 :192 カ国が参加表明済み
想定入場者:約 2,500 万人(見込み)


公式サイト:https://www.expo2020dubai.com